ハーデイ・アンテイーク・タックルメール

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

アンテイーク愛好者の方の多くの方が好まれるハーデイ製品。本業のロッドとリールは勿論ですが、デザインに若干の自由度が許されるフライ・フィッシングに必要なアクセサリー類によりその特徴が表れています。特に1980年代までの、ハーデイ一族が経営に携わっていた時代の製品が多くのコレクターの心を引き付けるようです。最善の機能と仕上げが優先され価格は2次的であった故に、時には呆れるほど凝った造りの製品が多いからでしょう。それ以降のマーケットに合わせて作られた製品との雰囲気の違いが歴然と見てとれます。

ここに出来る限りその時代のアンテイークを買い付けて紹介申し上げます。

1930年代ハーデイ布ケース
大変珍しい、かなり綺麗な状態の古い時代のオリジナル布ケースです。豪華な刺繍のロゴや凝った作りが特徴です。ゴールド・メダル10’の3ピース・モデル用と推測されます。2組のストラップは切断等がありません、下端部のストラップの片側の縫い目が取れたようです。又、当時のグレードの高い製品の特徴が見て取れますが、レザーが付いています。瑕疵としてはそのレザーの上部が約3.5cm程破れています、使用には支障ありません。
   

サイズは折り返し部分を除いた全長107cm、上端部の場は12cmです。4cm、2.5cm。5cmに区分けされています。本来は当時の高級なロッドの常でテイップ・ケースが収納できるのようになっていて、3ピース・2テイップ用だったと思われます。この年代の布地が使用可能な状態で残っているのは大変珍しい事です。グレードは。当店お問い合わせ番号SG21¥3,780¥3,500)

 
ハーデイ&オービス・アルミケース
@当店お問い合わせ番号SG26:1970年代のモデルと推測されます。オービスのロゴ・シールが取り付けられているオリジナル・ケースです。9’#6とサイズも刻印されています。通常の使用グレードで傷などがみられます。内部のサイズは約140cmx4.2cmです。グレードは。当店お問い合わせ番号SG26¥4,320¥4,000)
 
A当店お問い合わせ番号SC455:1960年代のモデルと推測されるハーデイのアルミ・ケースです。写真のキャップは代替品でオリジナルではありません。内部のサイズは139cmx4.1cmでぎりぎりで9’の2pc、8’6”が適しているでしょう。通常の使用状態で傷などがみられます、グレードは。当店お問い合わせ番号SC455¥4,320¥4,000)
下端部はSG27、SC455共にハーデイ・アルミ・ケースの特徴である非常に凝った作りです。SC455にはハーデイのロゴが入っていません。SG27にはハーデイのロゴが彫られています。
B当店お問い合わせ番号SG27:1960年代のモデルと推測されるハーデイのアルミ・ケースです。キャップは紛失したらしく付いていません。内部のサイズは108cmx4.1cmで7’の2pcが適しているでしょう。通常の使用状態で傷などがみられます、グレードは。当店お問い合わせ番号SG27¥4,536¥4,200)
SG27の底部には左の写真のハーデイのロゴ・マークが彫り込まれています。
1900年代・ハーデイ・バンブー&グリーンハート41”ギャフ

大変貴重なバンブーとグリーハートのグリップが付いたサーモン用ギャフ。バンブー部分だけでグリーンハート部分を伸ばさない状態の全長は79cm。ギャフは約19cmですので、取り外した時の持ち運び時の全長は約61cmになります。バンブー部分の外径は約23mmです。

先端部のグリーンハート部まで引き出すと全長は124cmになります。因みに先端のグリーンハート部の長さは45cmです。年代は当店の推測ですが、グリップのバンブーやグリーンハートを使用しているので1900年初めごろの製品と思われます。グレードは。当店お問い合わせ番号SC460¥12,960¥12,000)

取り外し式のギャフの長さは約19cm、現在でも実用になるほど鋭い先端部が付いています。
ハーデイのロゴが掘られています。実用性には支障ありませんが、ブラス金具のスクリューが紛失したようで先端部のグリーンハート部分を途中で止める事が出来ません。全て引き出すと止まるので全長124cm使用することになります。
1930年代Hardy テイップ・ケース・2本

年代等はこれほどのデラックスなケースがロッドに付いていたのは古い時代に限られることからの当店の推測です。

近年では中々オークションでも目にすることが少なくなったアンテイークです。2本セットですが取り外し式のブラス・キャップは1個しか付属していません。バンブーの長さは約100cm、外径28mm、内径は約17mmです。一般的に2ピースなら6’6”まで3ピースなら9’6”までの長さの2本のテイップ・セクションを収納することが出来ます。手書きのハーデイのロゴが書き込まれています。

グレードは。当店お問い合わせ番号SC459¥19,940¥18,000)

1969年・Hardy extending salmongaff

コルク・グリップ付きモデルは若干変わっているタイプで、一般的にはラバーのグリップが取り付けられています。1969年のハーデイ・カタログの中にこのギャフが掲載されていました。その為確定が難しい為、年代に付いては1970年代の可能性もあります。2段に伸び縮みするギャフです。1本だけの場合はギャフ先端までの全長は約55cm、2本に伸ばした時の全長は約99cm、重量は390グラム。ギャフは未使用時にブラス製カバーの中に笑納できます。 本体のブラック・カラーも綺麗に残っているかなり良好な状態です。グレードは。当店お問い合わせ番号SC452¥16,200¥15,000)

ステンレス製のギャフの部分に錆などは見られない大変綺麗な状態です。

バックやベストに止めるスプリング式クリップが付いています。

持ち運び時の安全の為もキャップが付いています。ハーデイのロゴが刻印されています。

尚このブラス製キャップは使用時には上に(ギャフの内側に向けて)はね上げる事が出来ます。     

1970年代アクアレックス・フォールデイング・
サーモン・ランデイング・ネット

このネットはオークションではハーデイとして販売されていましたが、当店で検証したところアクアレックスと言うスコットランドのメーカーの製品でした。この会社はほぼ間違いなく、ハーデイのネットやギャフなどを製作していたメーカと推測されます。ハーデイと細部がほぼ同じで、ハーデイとの差異を判別することは難しいと思います。その為このハーデイのページに掲載申し上げました。当店でもこのアクアレックスのギャフを販売した経験があります。

スコットランドにあったこのメーカーの詳細が不明ですので、年代はハーデイのカタログから推測しました。

本流の大型トラウトやサーモンに適した折り畳み式大型ランデイング・ネット。アルミ・フレームのサイズは45x45cm、ネットの深さは約70cmあります。ネット底部が42cmと(最大に広げると76cm)広いのでサーモンなどの大型魚をランデイングしても問題はありません。アルミ・グリップの長さは約52cm、バック等に止めるクリップが付いています。ネット重量約500グラム。
瑕疵としてはネットは矢印のフレーム取付け部で一目だけ切れていますが基本的な機能や使用には支障ありません。ラバー・グリップの下端部が外れ掛かっていますがこちらも使用上支障はありません。
ネットはハーデイと全く同じで、ネットを前に振ると開き、取付け部の大きなリングを押すと、ハンドルが折れます。アンテイークとしては通常の使用頻度です。ハーデイと同じグレードですが、製作したメーカーのロゴの為かなりお買得になっています。グレードは。当店お問い合わせ番号SC454¥17,280¥16,000)
1969年代・ハーデイ・Royde Featherweight Folding Landing Net

折畳み時の全長72cm、伸ばした場合の全長110cm。ネット先端部の横幅約50cm、差し渡しは約38cm、ネットの深さは約40cm。ネットの開閉部の面積は広めですがネットの深さはどちらかと言えば浅めと言えます。英国ではトラウト用にに適しているモデルのようです。総重量約350グラム、軽いうえに折り畳み式で持ち運びに便利です。

ネットを開くときは、ネット部分を前方に振るだけで開きます、閉じる時はグリップ先端のボタンを押します。日本では本流や湖での大型ヤマメやレインボーに適したサイズです。カタログではラバーのグリップ付きモデルが多く、コルク・グリップ付は1969年のカタログ中で見つけましたが余りないようです。コルク・グリップは綺麗ですが、アルミのハンドルの塗装はかなり剥げていますが、ネット尾基本的な機能は良好です。グレードは。当店お問い合わせ番号SC453¥21,600¥20,000)

ネットを前に振るだけで広げる事が出来ます。折り畳み時には先端のボタンを押します。

バックやベストに取り付けるクリップが付いています。

ハーデイーのロゴ・マークが履いています。上部のボタンでネットを折畳むことが出来ます。

ネットはランデイング面がかなり広く、ネットはそれ程深くはありません。

写真撮影や取り外しが楽に行えます。

ハーデイ・カタログ・1969年版
1969年のハーデイ・カタログにこのネットとギャフが掲載されています。
 
1900年代ハーデイ・バンブー・ロッド・ケースメール

年代は1930年代の可能性もありますが、当時のフライ・フィッシャマンの好みがどれ程のものだったかが理解できる貴重なロッド・ケースです。レザーの豪華さとその作りの堅牢な事は如何にも当時の良質なイギリス製品の特長が感じられます。近年ハーデイのバンブー・ロッド・ケースは入荷が大変難しくなってきています。年代は当店の推測です。


サイズは内寸の長さが約125cm、内側直径は約6cmあります。バンブー素材の厚さは約6mmです。この太い外径なので、ダブル・ハンドやシングル・ハンドなら複数本のロッドを収納することが出来ます。


瑕疵としては間違いなくハーデイ製なのですがハーデイのロゴが見当たりません。バンブー本体に大きく見れば2本の縦のひび割れが見られます。このひび割れは当店で扱ったハーデイのバンブー・ケースではしばしば見られる事で避けがたい事のようです。使用上支障はありません。なぜなら3か所見られる竹素材の節が強度を保っている事と、補強の糸が更にバンブーを保護しているからです。蓋のレザーのスレッドが一部切断されていましたが、塗料で固定しました(内部からなので外からは見えません。)蓋を止めていたと思われるレザーのゲルトが紛失しています。 以上の瑕疵から人気が高く貴重なハーデイの珍しい太い内径のバンブー・ロッドケースながらかなりお買得な価格になっています。 グレードは。当店お問い合わせ番号SG-14¥27,000¥25,000)

上蓋レザーの表の塗った糸が経年でかなり切れている部分がありました。写真のレザーの右側に1か所糸で補強しています。

また、この蓋を固定していたと思われるレザーのストラップが欠品しています。レザーの蓋は上から差込まれているだけです、一般的には、ロッドを収納して車に入れておいても輸送中にレザーの蓋が外れる事はあります。

内部の蓋の裏を接着剤を塗って補強しました。内部なので外からは見えません。

レザー部分の経年による縫い付け部分の劣化は改善しました。

下端部の厚手のレザーはオリジナルの状態です。

バンブー素材部分は全体を2度塗りして防水能力を高めてあります。

スレッドはオリジナルに似た色と質感の材質で巻き直し塗装を行っています。スレッドでバンブー素材は補強されているので十分の強度と耐久性が保たれています。
1900年代ハーデイ・ウッド・ロッド・ケースメール

当店でも初めて取扱うハーデイの大変珍しいウッド・ロッド・ケースです。極めて手の込んだ作りや布ケースのロゴと素材などから、製造年代は1900年初めと推測してほぼ間違いないでしょう。ウッド・ケースの最大外径47mmより太い、かなり太り1本の木から作られたものです。節が無いので素材も吟味されたものが使用されています。100年以上経ても曲りが見られないので、乾燥・溝彫り等にも手間を掛けたと推測されます。3ピースの2テイップ用ロッド用に作られたようです。

全長128cm、下端部の半径約48mm、上端部の半径約40mm。各部の下端部の溝の内径は、バット用40,6、ミドル用16.8、テイップ用11.5mmです。

下端部は1900年代のロッドにはほとんど付けられていたラバー・エンドが入るよう大きなスペースがあけられています。底面は英国製らしい丈夫な厚手のレザーが取り付けられています。各溝にはガイドの入る穴が開いていますが、ロッドによっては位置が合わない場合もあるでしょうが、紐で3か所縛るので収納には全く問題はありません。 以下に説明するレストアーがあるため、人気が高く貴重なハーデイの珍しいウッド・ロッドケースながらかなりお買得な価格になっています。 グレードは。当店お問い合わせ番号SC443¥12,960¥12,000)

ウッド・ケース本体にはほとんど支障がありませんが、布部分が経年による自然劣化が見られました。劣化の激しい部分は今後のご使用を考え新しい布と交換等を行いました。下記にご説明いたしております。本体木部は全体に防水上塗りを行ってあります。レザー部には専用ワックスを添付しました。

写真はハーデイのSA590・マードック11’9”を収納して撮影しました。最大でもこの長さのロッドが収納できます。一般的には11’以下のロッドの収納に適しています。

このように各セクションを紐で3か所固定して布ケースに収納します。3本の紐は劣化していたので全て交換しました。

布袋の紐も短くなっていました。木部本体に残っていた状態の良いものを取り付けました。布ケースの紐は新しい紐のように見えますがハーデイ・オリジナルのものです。

ウッド本体の穴の位置にガイドを入れるようになっていますが、モデルのよっては合いません。ガイドを外側にして紐で固定して布ケースに入れれば支障なくご使用になれます。

ウッド・ロッド・ケース本体の仕上げも大変手の込んだものになっています。

布ケースの下端部が経年で一部切れていました。劣化していたので内部から補強の布を当てて縫い付けてあります。今後の使用にも問題はありません。

1930年代The Tyne Wading Staff and Gafメール

英国・タイン川から名前をとったアンテイークらしい凝ったウエデイング・スタッフとギャフのセットです。ウッドの素材は分かりませんが、非常に重く頑丈な雰囲気です。100年以上もこの状態を保った事からも特殊なウッドと推測されます。

上端部のギャフの捻じ込み部分と下端部の石突はブラス製です。プロテクターの付いたギャフは錆びない素材とカタログには書かれていますがステンレスがあったとは思えませんので焼きを入れた鋼材ではないかと推測しています。

現状のままで使用できます。ギャフの代わりに一般的なアンテイークのネットを取り付ける事が可能です。 重量約63グラム、ウッド部分の長さは約130cm、外径は約19mmです。グレードは。当店お問い合わせ番号SC446¥16,200¥15,000)

ウッド本体にはほとんど支障がありませんが、糸で巻かれた部分を含めて全ての部分の防水の上塗りを施しました。ギャフの部分の錆を落としてあります。

滑り止めの糸が巻かれているので握りの部分と推測されます。
下段のハーデイ・アングラーズ・ガイドに次回があるように、ストラップを通して方から下げるようにします。ストラップは付いていません。
ブラウ性の石突、まだ確りとしています。
ギャフをねじ込むブラス製の金具です。ストラップを通す金具が付いています。ハーデイのロゴが彫り込まれています。
1934年ハーデイ・アングラーズ・ガイド
これとほぼ同じタイン・ウエデイング・スタッフが載っています。
1970年代ハーデイ・マッチ・メイク・フォールデイング・ランデイング・ネットメール

本流での大型トラウトやサーモンに適した折り畳み式・ランデイング・ネット。アルミ・フレームのサイズは40x35cm、ネットの深さは約52cmあります。

ネットの底部が広いので大型のサーモンなどをランデイングしても問題はありません。アルミ・グリップの長さは約52cm、バック等に止めるクリップが付いています。かなり使用されていますが、基本的な機能に問題はありません。ネットは一目だけ切れていますが使用には支障ありません。ハーデイ製かは不明ですが未使用の予備のネットが付属しています。 当店お問い合わせ番号SC447 。 グレードは¥23,760¥22,000)基本的な機能には問題がありませんのでオリジナルの状態です。

 

 


05/07/2017

トップへ

Copyright (C) 1996 Importer and Exporter Sasano CO.,LTD.
All Right Reserved.