1980年代ブルース&ウオーカー・グラファイト・サーモン・ロッド15’・#10〜12 メール

1959年Jim BruceがKen Walkerと出会って英国で最初のグラス・ロッドを制作したことが現在の“ブルース&ウオーカー”の始まりです。バンブーからグラスやカーボンへと素材が急激に変革する時代と共に歩んだメーカーと言えます。サーモン・ロッドやトーナメント・ロッドなどが良く知られているように、バンブーのしがらみがないだけに新しい素材に付いての取組が斬新でもありました。遠投力やバランスのとれたアクションには多くのファンがいます。

ブルース&ウオーカーの多くのロッドのライン・ウエイトのレンジが広い事がこのロッドのアクションの特徴を良くあらわしています。細いラインではテイップ部分が、重いラインを使用するとバットに負荷がかかりラインに応じて大きなパワーを生み出すことが出来ます。これがトルクの高い遠投力とキャステイングの楽しさを感じさせてくれるのです。

ロッド重量約330グラム、エンドまでのグリップの全長63センチ・その内シートリテイナーを埋め込んだ下端部の長さは約18cm、グリップの最も太い部分の外径約25ミリ。ブランクのキーパー下の外径約17.4ミリ、トップ・ガイド下の外径約3.9ミリ。アクションはどなたにも振りやすく取り扱いやすい癖のないものです。モダンなアクションのロッドですので使いこなすのは容易だと思います。

遠投力には定評のある機能性の高いブルース&ウオーカー、この長さならダブル・ハンドになれた方ならフル・ラインを出し切ることも可能です。年代は1970年代後半から1980年代初めと推測されます。ロッドには大きな傷などは見られず今後も長くご使用になれるでしょう。年代はストリッピング・ガイドのフジの夜光リング付きセラミック・ガイドからの推定です。

アンテイークのグラファイト・サーモン・ロッドとして状態はかなり良好で、ほぼオリジナルの状態です。メーカー・オリジナルの布ケース付。3ピース、1テイップ。当店お問い合わせ番号SA862。グレードは¥35,640(税別¥33,000)アンテイークのご注意

実施したレストアー今後の長いご使用を考慮して全てのラッピング部の防水上塗りを施してあります。グリップ最下端部のコルク・エンドが取れていたので取り付けてあります。また、テイップ・セクションのスネーク・ガイドの1か所のラッピングの2巻きがフックでささくれていました。2巻きだけをやり直してありますが、分かりにくいと思われます。各部の写真と説明を併せてご覧ください。

 

グリップの状態はかなり綺麗で大きな欠落や穴は見られません。バット・エンドまでのコルクの全長は約63cmです。

ブルース&ウオーカー独特のリング・シート・タイプです。下部のシート・リテイナーはコルクの中に埋め込まれています。

最下端部の厚さ約13mm程のコルク・バンド・エンド(丸くなっている個所です)が欠落していましたので新しく取り付けてあります。

かなり丁寧に使用されていたらしくロゴ・マークがほぼ全て揃っています。

ガイドとフェルールのラッピング部分は今後の長い使用を考慮して全て防水上塗り加工を施してあります。

ブランクに大きな傷や大きな塗装面の剥離は見られません。バットとミドルのオス・フェルールの繋ぎ部分に、英国でしばしば見られる使用時にビニール・テープで補強した糊の跡かもしくは若干の塗装面の剥離かが見られますが使用上支障はありません。

テイップ・セクションの上から5番目のスネーク・ガイドのラッピング・スレッドがフックを引っ掛けて毛羽立っていました。今後の使用を考慮して2巻きだけ(矢印部分)巻き直しました。痕跡は多分分からないと思います。

バットとミドルのフェルールの下に僅かのビニール・テープの糊の跡か僅かの剥離かが見られます。今後の使用には支障には支障がありません。

スピゴット・フェルールの差し込みはスムースで確りと差し込むことが出来ます。抜き取りもスムースで状態は良好です。


03/18/2018
Copyright (C) 1996 Importer and Exporter Sasano CO.,LTD.
All Right Reserved.