1930年代・E.Kerry9‘6”#5〜6メール

リール・シートに彫られたE. Kerryというメーカー名が当店の資料では見つかりません。ハーデイそっくりの外観・パーツ類・仕上げの丁寧さなどから少なくてもアーニック・トレダーで作られたものと推定されます。その中ではデリケートなアクション等から1929〜1938年の間操業していたJ.A. Walkerではないかと推測しています。記載の説明はパーツ、仕上げ、仕様等からの当店の推定です。

2ピースのロング・ロッドでハーデイのモデルで該当するのはパーフェクションですが、このロッドもデリケートで軽いという特徴が極めて類似しています。このモデルの元になったロッドと思われます。ライン・ウエイトは#5〜6、当時のロッドとしてはかなりデリケートです。ロング・ロッドに慣れた方ならこのロッドはシングル・ロッドとしての長時間の使用も苦にならないでしょう。また、下端部に一握り程のスペースがあるのでスイッチ・ロッドなどのダブル・ハンドとしてもご使用になれます。

ロッド重量は約220g、グリップ先端部の対面外径9.84mm、トップ・ガイド下の対面外径は2.4mm。柾目コルク製のグリップの全長は約35cm、グリップの中心部の最大外径約23.5mm。ロッドを持った時の多くの方の第一印象は軽く柔らかと思われでしょう、渓流から中流・本流域のドライ、ウエットの万能モデルとして大変重宝されると思います。日本のフライ・フィッシャマンの方の好みに合うアクションだと思われます。

ロッドの状態は年代から考えるとかなり良好でスレッドの断裂などは見られません。ガイドはトップとストリッピング・ガイドはハーデイによく似たメノウ・ガイド、他のガイドはハーデイのブリッジ・リングとほぼ同じモデルが付いています。ラッピングもハーデイのように最後が折り返されてダブルに巻かれています。インター・ミデイエット・ラップの幅が細かくアンテイークらしいデラックスな雰囲気を持っています。

布ケースはメーカーのオリジナル・ケースではありません。2ピース、1テイップ、ロッドの状態はかなり良好です。グレードは説明: http://www.sasanofly.com/antiqueimg/logo_antique/stars/45stars.gif当店お問い合わせ番号SA832説明: http://www.sasanofly.com/img/zeikomi.gif37,800(税別¥35,000)

状態はかなり綺麗でレストアーの必要性は認められ無いのですが、長くご使用になれる事からインター・ミデイエット・ラップ以外のラッピング部の防水上塗りを行いました。軽微な曲がり直しも行いました。

 

 

柾目コルク製のグリップの状態はかなり良好で、目立つようなコルクの欠落は認められません。古い時代のロッドの特徴であるシート下端部に一握り程のスペースが生じます、その部分に指を添えてライト・スペイ・ロッドとしても使用できます。

アンテイークらしいブラス製シートの状態も良好です、尚テイップ・セクションのオス・フェルールは英国に於いて調整が行われたようです。差し込みはロック・ファースト・タイプの定位置に固定されて、がたつきも見られません。

”E. Kerry”のロゴがバット・エンドに彫り込まれて綺麗に残っています。

ブランクは大変綺麗な状態で目立つような傷などは見られません。英国に於いて全塗装が行われているので状態はかなり綺麗です。この細かなインター・ミデイット・ラップはアンテイーク愛好者の方の好みにぴったり合うででしょう。ストリッピングのメノウ・ガイドとブリッジ・リング・ガイドは当時のハーデイのパーツとそっくりです。

フェルールの差し込みにがたつきは見られません。英国に於いてテイップの雄フェルールノ調整を行っていますので差し込みはスムースに行えます。古い時代の英国のロッドはテイップがバットよりかなり短いデザインが特徴です。このロッドもメジャーで計測すると9’6”ありますのでテイップのショートなどはないと思われます。トップもハーデイのメノウ・ガイドにそっくりです。

トップのメノウはカラーがダーク・ブラウンで目視では状態が分かりません。ライトを当てて拡大鏡で見ても正確には分かりませんが、ヘヤー・ラインが3か所程見られます。これらは実際の使用には支障はありません。

 

 


08/11/2017
Copyright (C) 1996 Importer and Exporter Sasano CO.,LTD.
All Right Reserved. 2015.04.03