1960年・シャープス・テイ・9‘6“#6 メール 

シャープスは1920年に創業、1965年にファーローと合併したスコットランドを代表する釣具の総合メーカーです。このロッドはファーローと合併する以前の1950年代から1960年代初頭のモデルと推測されます。

ロッド名"テイ"はスコットランドの大河・テイ川に因んで付けられています。 本流や湖での大きなフライでのロング・キャストに適しています。バックが取れない場所でも、長さを利用したロール・キャストが楽に行えます。大きなウエット・フライでも楽に遠投する事出来るでしょう。

シャープスのロッドはインプリ・モデルが知られていますが、このロッドは狭い間隔で巻かれた美しいインターミデイエット・ラップがアンテイーク・ロッドらしい雰囲気を醸し出している 綺麗なモデルです。スレッドの断裂や塗装面の剥離などが見られないかなり良好な状態です。 ロッド重量約220グラム、トルクの高そうなパラボリックなアクション、それ程の力を入れなくてもロッド自体が曲がりながら大きなキャステイングのパワーを生み出してくれます。ロング・ロッドを使い慣れた方には無理なくご使用になれる長さと重量、本流や湖での使用に最適です。

グリップの全長は約17.5cm、バットのグリップ上端部の対面外径は約9.8mm、テイップ・セクションのトップ・ガイド下の対面外径は約2.6mmです。オリジナル布ケース付、2ピース・1テイップ。状態はかなり良好です。 頻繁に使用するロッドとしては高い汎用性と耐久性からお勧めのロッドです。当店お問い合わせ番号SA819。グレードは \38,880(税別\36,000)


コルク・グリップの状態も大変良好で欠落やへこみなどは見られません。

状態は大変良好なためレストアーの必要はありませんでした、オリジナルの状態です。大変綺麗な状態からもしかすると、シャープスの向上に置いてフルレストアー行われているかもしれません。警部な曲がり直しをおこなっっただけです。

ラバー・バット・エンド付きのリール・シートは長さが9cmあります。

アップ・ロックを上に占めると一握り程のスペースが出来るのでセミ・ダブルとしても使用できますが、当店オリジナルのイング履修・エクステンションが取り付けられます。

ロゴが全て綺麗に残っています。これだけの綺麗な状態で残っている事から、メーカーに置いてフル・レストアーが行われている可能性も考えられます。もしレストアーが行われていたとするとラッピングの完成度の高さ等かっらメーカーの仕事です(確かではありません)。ブランクに"Care by Sharp's Averdeen."のロゴが書き込まれています。

メノウ・リング付きと思われる(人造メノウかもしれません)ストリッピング・ガイドや他のオープン・フレーム・ガイドも新しい状態のように輝いています。ブランク表面にも大きな傷や曲がり等は見られません。狭く巻かれたインターミデイエット・ラップはこの”テイ”のグレードの高さを表しているようです。

メノウ・リング付きと思われる(人造メノウかもしれません)トップ・ガイドも大変綺麗です。フェルール部分の差し込みも確りと止まりガタツキは感じられません。ナチュラル・ケーンのこれだけ美しいシャープスのロッドはかなり珍しい事です。
 

05/11/2017

トップへ

Copyright (C) 1996 Importer and Exporter Sasano CO.,LTD.
All Right Reserved.