1980年代・ダイヤモンドバック・14‘#8〜11、スージ−・バージュス・フィシング・タックル・モデル メール 

英国のスージー・バージェス(現在はなくなってしまいましたが英国の釣り具の販売会社だったと思われます)の特注で製造されたダイヤモンド・バック・ロッド。特別なアクションのモデルとして製造されたものではなく、通常の製造ラインのブランクを輸入して英国で組み立てたものと推測されます。

日本のフライ・フィッシャマンに特に人気の高いダイヤモンドバックのロッドですが、このようなサーモン・ロッドが英国の販売会社で組み立てられ、年月を経て日本に入荷したことは大変興味深く感じます(もしかしたら米国・バーモントのダイヤモンド・バック社の工場でラッピングまで行われたかもしれません)。独特の網目模様のロッド・デザインが特徴であったレナードの関連会社の流れを受け継いでいた本来のダイヤモンドバック社は、1990年代にコートランドに身売りをされてその歴史を閉じました。

デリケートでシャープなアクション、ちょっと突っ張ったような感じが日本の渓流のフライ・フィッシャマンに格別に好まれるようです。当店でも初めて目にするサーモン・ロッドのアクションはそれらのショート・ロッドの特徴に加えてかなりソフトな印象を受けます。日本のフライ・フィッシャマンの方が好まれるレナードのアクションに見られる滑らかでピッタリと手に馴染むロッドです。

ダイヤモンドバックのライン・ウエイトは一般的に表示サイズより下をご使用になる方が一般的に快適で安全だと言われています。このロッドも#8〜#11ラインまで対応できますが、最初は#8程度のラインをご使用になり様子を見ながら上のサイズを振ると良いと思います。アンテイーク・ロッドの場合はロッドについての情報がほとんどないので最初は6割程度のパワーを加えて様子を見ながら徐々に大きなパワーを加えていくことをお勧めします。どなたが降っても違和感なくスムーズなロッド・パワーと軽さをお楽しみいただけるでしょう。

ロッド重量約300グラム、グリップ上端部のロッド・バットの外径約14.2ミリ、トップ・ガイド取付部下端の外径約1.9ミリ。スージー・バージェスのロゴ付きオリジナル布ケースとアルミ・ケースが付いています。アルミケースは一か所凹んでいますが使用上支障はありません、キャップが紛失しています。

古い時代のダイヤモンドバックをお探しの方にお勧めのロッドです。ロング・ロッドながら持たれるような感じの無いすっきりしたアクションです。ブランクには大きな傷等見られないかなり良好なモデルです。 当店お問い合わせ番号SA810。グレードは \46,440(税別\43,000)

ロッドとしての状態は良好な状態と言えます、バット・フェルールの差し込みを軽微に調整した以外格別のレストアーは行っていません。オリジナルの状態です。

フォー・グリップの全長は約30cm、シートの全長は約11.5cm、レアー・グリップの長さは約20cm。グリップ部分の全長は約62cmになります。英国の古いロッドにしばしば見られる事ですが、このロッドにもフック・キーパーが付いていません。その為、フォーグリップの下端部にフライを掛けていたようで、左写真のように長さ約3cmx幅2cm程度が凸凹になっています。使用上支障はありません。

長さ約11.5cmのウッド・シートは、英国製の3個のリングが移動して任意の位置にリールを固定できる仕様です。大きなサーモン・リールのフットを分けて固定することで、使用中リールが動かなくなるデザインです。ウッドやリング・シートのアンテイークらしい雰囲気が英国で組み立てられた可能性を推測させます(確かではありません)。

スー・バージエスのロゴとダイヤモンドバックのロゴ・マークが綺麗に残っています。丁寧に使用されたことを推測させます。

ブランクには大きな傷や塗料の剥離などは見られません。ラッピングにもほつれや断裂などが見られません。ガイドは当時最新のフジのセラミック・ガイドが付いています。

フェルール部の差込もぴったりと収まり、がたつきなどは見られません。英国のサーモン・ロッドにしばしば見られるフェール部分のテーピングの痕跡がありません、綺麗な状態です。これからも長くご使用になれます。


02/16/2017

トップへ

Copyright (C) 1996 Importer and Exporter Sasano CO.,LTD.
All Right Reserved.
ダブル・ビルド