1903年ハーデイ・ゴールド・メダル11‘#4〜5メール

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

オークションでの説明文書ではハーデイのフライ・ロッドとしか記載されていませんでした。モデル名のゴールド・メダルと製造年の1903年は下記にご説明した事からの当店の推定です。

年代に付いてはロッドに刻印されたシリアル・ナンバー“9”から始まる4桁(通常は5桁ですが)の数字が認められます。1904年以前のハーデイではシリアル・ナンバーが数字だけで、それ以降のモデルにあるアルファベットが付いていません。又、“9”の数字は1903年モデルから使用されています。更にウッドのグリップ、ストリッピングもスネークであることなどの幾つかの仕様からも1903年は妥当な推定年代と思われます。

このロッドはかなり変わっていて多分特注のモデルと思われます。テイップの先端部の6cm・約2.5インチがトップ・ガイドと一体化した極細のステイールになっています。当店でも初めて目にする仕様です。もし特注で製造したとすると、当時最も人気の高かったモデルであろうと思われます。1892年から1957年まで製造されていたゴールド・メダルのステイール・センター仕様が最も該当するモデルに思えます。ステイール・センター仕様からテイップ部にも曲がりや耐久性を保つためにステイールにと言うアイデアに辿り着くにはそれ程の距離がないと思われます。

以上がロッド名と年代に付いての当店の推定の根拠ですが、間違っている場合もあります。状態は大変綺麗で使用するロッドとしてのクオリテイーはかなり高いのですが、2テイップ揃ったモデルとしてはかなりお買い得な理由はモデル名と年代が特定できない事からです。

ロッドはかなり柔らかくそして長さから考えるとかなり軽いと言えます。一般的にはダブルでの使用を考慮したデザインと思いますが、ロング・ロッドを振りなられた方ならシングルとしての使用するには問題がないと思います。この柔らかさがステイール・センター仕様ではないかと言う推測の根拠になっています。又、この軽さは、この年代のロッドにしばしば見られるカルカッタ・ケーンが素材に使われている可能性が高いと思われます。

シート・リテイナー部分とラバー・エンドの間に約4.5cmのスペースがあるのでダブル・ハンドとしての使用が可能です。ラインは#5をメインに#4〜6程度に適応しています。広めの渓流のシングルから中流域のダブルまで多目的にご使用になれる大変デリケートなモデルです。

ロッドの状態は年代から考えるとかなり良好でスレッドの断裂や気になるようなフェルールのガタツキは見られません。 テイップは2本ともオリジナルの状態でショートは見られません。ガイド類、ラッピングも曲がりや錆、断裂が見られず初期の状態を保っています。

シート一体式のウッド・グリップのラーバー・エンドまでの長さは約40cm。ロッド重量は約340グラム、グリップ上端部の対面外径は約10.3mm、トップ・ガイド下のステイールの外径は約1.15mmです。

ハーデイ・オリジナル・ケースが付いていますがこのロッド用のオリジナルではありません。3ピース・2テイップ、状態はかなり良好です、テイップ・セクションのショートは見られません、全ての長さがオリジナルと思われます。 当店お問い合わせ番号SA760。グレードは説明: http://www.sasanofly.com/antiqueimg/logo_antique/stars/45stars.gif説明: http://www.sasanofly.com/img/zeikomi.gif44,280(税別¥41,000)

このロッドには近日中にご来店の上アクションをご検証の上、ご購入の有無をお決めいただく一番目のお客様がいらっしゃいます。このロッドをご覧になるためにご来店の場合は、まことに恐縮ながら必ず売り切れかどうかをご確認ください。

英国に於いてロッドの防水上塗りが行われたと推測されますが、ほとんどその痕跡は分かりません。状態がかなり良好なのでこのままでも使用上問題がありませんが、今後の長い仕様を考慮して、インター・ミデイエット・ラップ以外のラッピング部部の防水上塗りを行いました。テイップ・セクションの軽微な曲がり直しを行ってあります。

全てのロック・ファースト・フェルールの差し込み状態はかなり良好で確りと入り固定されます。気になるようながたつきなどは見られません。

バットのメスとミドルのオスの差し込み部分がかなりきつく、後1回転を残して差し込みにくくなります。このままでも、オスのフックがメスのネジ山に少し掛かっている事ときつく止まっているので現状のままでのご使用をお勧めします。無理に差し込んだり、ペーパーで落とさずに暫く様子を見ながらご使用ください。

 

シートはスライド・バンド・タイプです。

古い時代のモデルらしくブラスがふんだんに使用されています。

フェルールは大変良好な状態で破損・欠落等がありません、オリジナルの状態です。

 

古い時代のロッドには通常ブランクにはロゴが書かれていません。シートやバット・エンドの金属に彫り込まれています。このロッドもシートのリテイナーとバット・エンド金具にハーデイのロゴ部分が全て綺麗に残っています。

ラッピング部分も大変綺麗な状態です。ブランクにも目立つような傷などは見られません。ガイドも大変綺麗な状態で錆や曲がり等が見られません、1900年代初期のロッドの特徴であるストリッピング・ガイドがスネークになっています。ラッピングも断裂が見られずオリジナルの状態です。

フェルールの差し込み状態にも不都合は感じられません。確りと差し込まれてがたつきはありません。

テイップの先端から約6cm・約2.5”がトップ・ガイドと一体化したステイールが取り付けられています。ステイール・センター仕様と同じくかなり内部まで入っている可能性が考えられます。曲がりと破損を防ぐための特注仕様だと推測されます。当店でも初めて目にする非常に珍しいモデルです。ご使用には何の違和感も感じられないでしょう。なお、このステイール部分を取り付けた為に11フィートより若干実際の全長が伸びて11’3”になっています。

 


05/26/2017
Copyright (C) 1996 Importer and Exporter Sasano CO.,LTD.
All Right Reserved. 2015.04.03