1920年製J.J.ハーデイ・No.1・ドライ・フライ・ロッド 9‘9”#4〜5メール


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

JJハーデイ・ロッドは右の写真のハーデイーの創始者、ジョン・ジェームス・ハーデイの名を冠するトライアンフ、ホートン等と並ぶハーデイの名竿の一つです。彼は当時のキャステイング・チャンピオンでもある卓越したトラウト&サー モンのフライ・フィッシャマンでした。

下段のハーデイ・アングラーズ・ガイド1937年版に見られる如く、モデルにはNo.1のドライ・フライ・ロッドとNo.2のウエット・フライ・ロッドの2タイプがあります。このモデルはロッドに#1と表記されているドライ・フライ・ロッド用です。当時のドライ・フライ・フィッシングは現在とは異なる釣り方であったと推測されますので単純に比較は出来ませんが、ハーデイのアンテイークとしてはかなり柔らかくかつ張りがある申し分のないアクションです。

年代はシリアル番号が当店の資料に見つからない特殊な番号ですが(ロッドも当時のフライを楽しむ階級の人々ならではの特注の可能性があります)、ほぼ1920年代という推定は大きくは間違っていないと思われます。


ロッド重量約210グラム、バット・セクションのグリップ上端部対面外径約11mm、トップ・ガイド下端部対面外径約1.8mm。フェルールはハーデイ・ロック・ファースト・タイプ。ガイドはブリッジ・リング・ガイド、トップとストリッピングはハーデイのクリヤー・メノウの組み合わせです。ほぼ100年を経たアンテイークとしては状態はかなり良好で、奇跡的とも思えるほどオリジナルの状態を保っています。スレッドの断裂は見られません。一部、微小な塗装面の縮み皺が見られますが目立つほどではありません。ブリッジ・リング・ガイドにわずかな錆が見られますが使用上大きな支障とはならない程度です。

3ピース・モデルでショートなどのない2テイップが揃っています。スピアーも付いているので、当店オリジナルの”スピアー用エクステンション”が取り付け可能で。使用上問題はありませんが古い時代のアンテイーク・ロッドにしばしば見られるフライ・フックをグリップに止めた為、シートとの境目部分が僅かに欠落しています。布ケースの他に、この年代のロッドとしては大変貴重なオリジナルのアルミ・ケースが着いています、数か所大きな凹みが見られますが収納には支障ありません。

この状態は年代から考えると非常に良好と言えます。状態と言い、JJHardyが開発に関わったことと言い(些少かもしれませんが)、ハーデイ・アンテイーク愛好者の方にお勧めのロッドです。 当店お問い合わせ番号 SA773。グレードは¥65,880税別¥61,000)

 

 

 


100年以上前のロッドとしては基本的な部分の状態がかなり良好でレストアーの必要性はありませんでした。今後の長い仕様を考慮して全体の防水上塗り加工を行いました。オリジナリテイーを損なわないように作業を行いましたのでその痕跡は分からないと思います。更に微小な曲り直しを行いました。

シートに傷や欠落は見られません。人気の高いスピアーが全て揃っています。スピアー部分に下の写真のようなエクステンションを取付けることが可能です。

コルクのシートとの境目に一部フライを引っ掛けたために小さな欠落が見られますが使用上支障はありません。機能には問題がありませんが、アルミ・ケースに保管したせいかフェルールのブラック・メッキが落ちているようです。

当店オリジナルのハーデイ用エクステンションが取り付け可能です。
ハーデイの手書きのロゴが全て綺麗に残っています。一般的なパラコナのロゴと”JJHardy”と”No.1”の文字もはっきりと判読できます。

ロッドの表面の塗装やラッピング部に剥離やひび割れは見られません。古い時代のロッドにしばしば見られる微小な縮み皺もほんの僅かです、全体の防水上塗りを行っているので今後の使用に支障はありません。

トップ・ガイドはハーデイ・クリヤー・メノウ・ガイドが付いています。各フェルールの差し込み部分にも気になるようなガタツキなどは感じられません。

ハーデイ・アングラーズ・ガイド1925年版

このロッドが製作されたと推測される1925年のハーデイ・アングラーズ・ガイドです。JJHardyが2ページを割いて掲載されています。

1920年代の#1・ドライ・フライは9’又は9’6”が普通でした。この9’9”ロッドにはカタログ記載のアルミ・ケースと同じものが付いている事などから、特注モデルの可能性が高いと推測しています。

因みに、#2のウエット・フライは9’9”ですので、長い方が使いやすいと#2と同じ長さにした可能性が高いと思われます。但し、全ての1920年代のアングラーズ・ガイドを検証していませんので、年代によっては9’9”があるのかもしれません。

 


11/10/2016
Copyright (C) 1996 Importer and Exporter Sasano CO.,LTD.
All Right Reserved.