1930年代JJSウオーカー・バンフトン11‘#5〜6・3ピース・2テイップメール

ブレデイ

ハーデイのある英国北部の町アーニックには幾つかの釣具のメーカー、販売会社がありました。その中でも、1921〜1968年までアーニックのメーカーとして活躍したウオーカー・バンプトンは特に多くのハーデイ製と極めて似たロッドやリールを販売していた事で知られています。第二次世界大戦以前から営業していたハーデイと同じ町でフライ用品の仕事をしていた所謂アーニック・フィシング・トレーダーの一つです。同じアーニック・フィシング・トレーダーではデイングリーのリール、ステファンソンやJAウオーカーのロッド等は知られていますが、パーツ類・雰囲気・丁寧な作りなどはハーデイとの類似性を強く感じます。ロック・ファースト・フェルールや各種パーツ類、丁寧にダブルに巻かれたラッピングなどはハーデイとほぼ同じです。今回、2テイップが揃った上ロッドのショートなどが見られなかなり良好な状態のモデルが入荷してまいりました。それもご要望の多いいライト・スペイに適したデリケートなアクションのモデルです。

ロッド・ケースには手書きでサーモンと書かれていますが当時のシルク・ラインとは異なる現在のナイロン・ラインでは#5〜6が適していると推測されます。汎用性の高いバンブー・。ロッドですので使い方次第では#4でも#7でも使用することが可能でしょう。かなり柔らかなダブル・ハンドとご理解ください。ハーデイに例えるとアサーウッドの#1やゴールド・メダルが類似のアクションと言えるでしょう。ライト・スペイで本流や湖等で大型のヤマメやレインボーを楽しむのに適したデリケートなロッドです。

ロッド重量は約340グラム、バットのワインデイング・チェックのラッピング部上の対面外径約11.9mm、トップ・ガイド下の対面外径約2.1mm。グリップの全長は約36センチ。ロッドの基本的な状態は大変良好でラッピング・スレッドの切断や塗装面の剥離などが見られません。 3ピース、2テイップでかなり良好な状態のロッドと言えます。1930年代のロッドとしては状態は大変良好でフェルールの目立つようなガタツキ、スレッドの切れなどは見られません。一人のオーナーが丁寧に使用したことが推測されます。

2本のテイップのガイドが異なっています。オリジナルではないかと推測される1本のテイップは5本のオープン・フレームが全てメノウ・タイプ、トップ・ガイドもメノウです、これだけのパーツだけでもかなり価値のあるものです。もう一本のテイップは全てメタル・ガイドです。ミドルもバットも、メノウのストリッピングを除いて同じメタル・ガイドで統一されています。これらの金属製ガイドはかなり腕のよい本職の手によって交換・巻き直しが行われいるのではないかと推測しています。ハーデイーと同じく最後の数巻のラッピングがダブルになっていて間隔・巻き方が大変丁寧です。アマチュアーの手ではなくプロのそれもかなり腕の良いプロの手によるレストアーが行われているのではないかと推測しています。完成度が高く統一性が高い為、一見するとレストアーが行われている事は分からないかもしれません。

これからも長くお愛用できるロッドと思われます。 ハーデイのロッドをお探しの方にお勧めのモデルです。オリジナル・ケース付、バットのフェルール・キャップが付いています。3ピース、2テイップ・モデル。当店お問い合わせ番号SA744 。グレードは¥46,980(税別¥45,500)

レストアーについてロッドに師匠をきたすような曲りなどは見られません。2テイップが揃っている上に大きな不都合が見られないためにこれからも長くご愛用が可能と思われます。それに備えて、当店でガイドとフェルールの全てのラッピング部の防水上塗り加工を施してあります。インターミデイエット部分は行っておりません。

ブラス製シートのリテイナーと下端部のラバーエンドと間には38mmのスペースがあり、ライト・スペイとして使用が可能です。コルクは古い時代の特徴である柾目タイプが使用されています。快適な手触りと美しい外観が特徴です、状態は大変綺麗です。

ブラス・エンドキャップ下端部に彫られた”Alnwick”の文字の一部が見えます。ウオーカー・バンフトンはハーデイと同じアーニックの町にありました。フェルールはハーデイのロック・ファースト・タイプがセットされています。

インターミデイエット・ラップを覗いた全てラッピングの防水上塗りを行いました。ストリッピングのメノウ・ガイドはハーデイ・ロッドに付いているフレームと同じで中のメノウがガーネット・カラーです。英国に於いてほぼフル・レストアーに手入れが施されているのでブランクの傷やスレッドの断裂、塗装面の剥離等は見られません。

2本のテイップは長さが同じでインターミデイエット・ラップやガイドの一が同位置です。この事から共にオリジナルのテイップで写真上部のテイップだけがガイドをミドルとバットと共に金属製のガイドに交換されたと推測されます。写真下のテイップは全てのガイドがメノウ・リング付と言うかなり豪華な仕様です。オリジナルの状態は全てのガイドがメノウ製だったと推測されますs。

メタル製ガイドにの交換されたテイップ(写真下から2番目テイップ・セクション)のトップ・ガイドだけはクリヤーのメノウ・ガイドが取り付けられています。ロッドをレストアーした職人の誠実さが分かります。レストアーを行った時代には既にメノウのオープン・フレームは製造されていなかったと思われます。バット用のフェルール・キャップだけが付属しています。

 


12/28/2016
Copyright (C) 1996 Importer and Exporter Sasano CO.,LTD.
All Right Reserved.