1930年ハーデイ・ゴールド・メダル9‘6“#5〜6メール

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ゴールド・メダルはデラックスな仕様の多目的フライ・ロッドとしてハーデイを代表するモデルの一つです。このアンテイーク・ロッドは約90年以上前に作られたものとは思えない程状態の大変良好なゴールド・メダル、シャープでデリケート、
細身のデザインは現在のロッドにも通じる万能タイプのハーデイを代表するモデルです。1本のロッドでウエットとドライ、ヤマメから大型トラウトまでに対応出来ます。

ロッド重量は約210グラム、ロング・バンブー・ロッドに慣れた方ならシングルで使用するのにそれ程の支障を感じない軽快なモデルです。アクションはどなたがお使いになっても違和感を感じない使いやすさが特徴のゴールド・メダル、きっとご満足いただけると思います。シガー・タイプ・グリップの長さは約21センチ、グリップ部の最大外径は約24mmです。ロッドのグリップ上部の対面外径約9.6mm、トップ・ガイド・ラッピング部の下のテイップ・セクション対面外径約1.7mm。アクションは非常にデリケートでシャープです、DT5をメインに#4〜#6ラインまで対応できるでしょう。フェルールはプッシュ・ボタン・タイプのスタッド・ロック・ジョイントが付いています。軽いながらメスに空いた小さな穴にスプリング式のピンが入って確りと固定され、フェルールがキャステイング中に抜ける事を防ぎます。

ロッドの状態は大変良好です。瑕疵としては輸入時の輸送中に1本のテイップのメノウ・トップ・ガイドが破損しました。判別が難しいほどオリジナルに近いメノウ・ガイドに付け替えてあります。その部分が約1.7cm程ショートしていますが使用上支障はありません。3ピース、2テイップ、オリジナル布ケース(下端部に穴があいている)とフェルール・キャップが2個揃っています。当店お問い合わせ番号SA742。ロッドの状態はかなり良好です、グレードは説明: http://www.sasanofly.com/antiqueimg/logo_antique/stars/45stars.gif説明: http://www.sasanofly.com/img/zeikomi.gif59,400(税別¥55,000)

メノウのトップ・ガイドを1個交換した以外ロッドの状態はかなり良好な為、軽微な曲がり直しを行った以外格別のレストアーは不要でした、 これからも長くご使用が可能です。

コルク・グリップの状態は90年前のロッドとしては良好です。英国のアンテイークにしばしば見られるグリップ下端部にフックを引っ掛ける習慣が原因とする欠落が見らません

当店別売のオリジナル・ハーデイ・エクステンションが取り付け可能です。フェルールはピン付タイプのスタッド・ロック、オス下端部のスプリング式ピンがメス・フェルールの穴に入り確りと固定されます。気になるほどのフェルールのガタツキ音はありません。

ハーデイのロゴ・マークが全て綺麗に残っています。スレッドの断裂も見られません。断定はできませんが、ミドル・セクションが新規に作られた可能性があるかもしれません。スレッドの巻き方が大変気品があることやハーデイ独特の巻き方などから、万が一作られたとしてもハーデイの工場で直されたと推測されます。使用上全く支障はありません。

ロッドの状態は大変綺麗でブランクの塗装面やラッピング部分に大きな傷や剥離・ひび割れなどは見られません。これからも長くご使用いただけるでしょう。ミドルをハーデイの工場で新規に作られた可能性も皆無ではないことをご説明しましたが、全体の塗装面の綺麗な状態からもしミドルをハーデイで作ったとするとその折に全塗装を行った可能性も考えられます。塗装面の完成度が極めて高い事からメーカーでの作業が推定されます(そうでなければ英国のかなり腕の良い職人の手による作業)。ミドル・セクションの新規製作の可能性は当店の推測であり、違っているかもしれません。

オリジナルのフェルール・キャップが2個揃っています。これらを含めて大変丁寧で綺麗な使用がなされている事が推測されます。メス・フェルールは中心部の強度を増したレインフォースド・タイプが使用されています。オスのスタッド・フェルールのピンを確り保持するためと推測されます。フェルールの差し込み状態は良好です。画像テイップ・セクションの、下の写真のテイップのメノウ・トップ・ガイドが交換されています。画像からお分かりの如く僅かにショートしていますが使用上全く支障はありません。

1930年ハーデイ・アングラーズ・ガイド

このロッドが作られた同じ年のアングラーズ・ガイドです。ステイール・センター仕様かどうかの確認が出来ませんでした。

当時の英国に於けるフライ・フィッシャマン(第二次世界大戦以前)は多くが特殊な階級の人々であった事から考えると、ダブル・ビルドとステイール・センター仕様の可能性が高いと推測されます。

このガイドのゴールド・メダルは2ページに渡って解説されていますが、こちらは2ページ目で、最初はステイール・センター仕様のカタログになっています。つまりメインは、当時のフライ・フィッシャマン達にポピュラーなステイール・センター仕様と言う事になります。

以上は当店の推測ですので間違っている場合もある事をご考慮ください。

 


06/04/2016
Copyright (C) 1996 Importer and Exporter Sasano CO.,LTD.
All Right Reserved. 2015.04.03