1970年代グラス・フライ・ロッド9‘3“#10 メール

このロッドの由来に付いては当店の仕様・外観・当時の状況等からの推測です。当店ではこのロッドはハーデイ関連のブランク製造会社であったファイバーチューブ社のブランクを個人またはプロのビルダーが組み立てたものではないかと推測しています。これも当店の推測ではありますが、ハーデイの当時のグラス・ファイバライト・パーフェクション・シリーズに9’3”の#10と言うモデルがありますが、同じではなくても何らかの関連性があるのではと思っています。適合ラインは#9〜10でしょう。

初期のハーデイのグラス・ロッドとグラファイト・ロッドは米国ケネデイー・フィッシャー社の技術で作られていました。ケネデイー・フィッシャー社のデザインとして知られているこのホワイト・スピゴットもその影響を受けたものと推測しています。ちなみにこの白いスピゴットのロッドは、ケネデイー・フィsッシャー製もハーデイ製でも人気の高いアンテイーク・グラス・ロッドの仕様です。尚、当時ファイバーチューブ社では6‘6“から15’までの16サイズ、ライン・ウエイトも合わせると20タイプ程度のブランクが製造されていました。

重厚な造りのブラック・アルミ・シートは当時の英国製のものが取り付けられています。取り付けられていたガイドの数が若干少なく、フジの蛍光リング付タイプが付いていたので全て交換してあります。ガイドの数もファイバーチューブ社のオリジナル・チャートによる位置に付け直しガイドの数も増やしてあります。ほぼフルレストアーを行いましたので今後も長くご使用になれます。スレッドもハーデイの古い時代のグラスのイメージに近くしてあります。

ロッドのアクションはグラスながらかなりパワーがあります。本流や湖、大きなフライを使用するソルト・ウオーター等での使用に適しています。尚、このシートには当店オリジナルのハーデイ・エクステンション4“が取り付けられますので、セミ・ダブルとしての使用が可能です。

ロッド重量約210グラム、グリップの全長約17cm・最大外径27mmです。バットのグリップ上端部の外径約15.8mm、テイップのトップ・ガイド下の外径約2.4mmです。セミ・ダブルでもシングルでもロング・ロッドに馴れた方にはそれ程重たいと感じる事はないでしょう。

ブランクに大きな傷などは見られません。ファイバーチューブ社指定のガイドの数に増やして有るために、一部古いラッピングの痕跡が分かる場合があるかもしれません(注意して見ないと分からないでしょう)。由来が特定できない為に人気の高いグラス・ヘビー・ロッドながらかなりお買得な価格に設定されています。近年グラス・ロッドの人気が高まっています。基本的な機能と品質のしっかりしたヘビー・ロッドとしてお勧めのモデルです。

布ケースはオリジナルではなく(もしブランクから製造したとしたらケースは付いていなかった可能性が高いとおもいますが)、ブルース&ウオーカーのケースが付いています。2ピース、1テイップ。当店お問い合わせ番号SA685。ロッドの状態は良好と言えます、グレードは \19,940(税別\18,000)

取り付けてあったフジのセラミック・ガイドは全て取り外して当時の作りに近い仕様に全てを交換してあります。ガイド類は全て未使用のものですので今後も長くご愛用いただけます。ラッピングも全て新規になっています。

シートも古い時代の英国製らしく重厚です。ネジが切られたバット・エンドには厚さ20mm程のアルミが埋め込まれています。尚、シートのラバー・エンド下端部までの全長は約12cmです。
ブランクには目立つような傷などは見られ良好な状態と言えます。
ストリッピング・ガイドはハード・クロームのオープン・フレーム・タイプに交換してあります。他はハード・クレームのスネーク・ガイドに好感されています。ブランクに目立つような傷は見られません。これからも長くご使用になれるロッドです。
トップ・ガイドは英国製のクラシックなハード・クローム・ガイドに交換してあります。フェルールはスピゴット・タイプ、このホワイト・カラーのモデルは古い時代のモデルに使用されていてアンテイーク愛好者の方に人気の高い仕様です。フェルールの差し込みにガタツキなどは見られません。
 

06/21/2015

トップへ

Copyright (C) 1996 Importer and Exporter Sasano CO.,LTD.
All Right Reserved.
 
 

 

ダブル・ビルド