1930年代ハーデイ・パラコナ・マスター・ピース10‘・3ピースメール

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

かなり状態な良好なハーデイの大変珍しいヘビー・ロッドです。シリアル番号が当店の知るハーデイの記録にはない珍しい番号で現時点では年代が特定できません。ハーデイのオリジナルのロッド名のロゴがロッドに記入されている事などから、モデルのマスター・ピースは間違いがないと思われます。マスター・ピーとしては通称マスター・ピース・パイクと言われるモデルが1934〜1952年まで製造されています。このモデルは大変珍しいバットがグリーン・ハート、ミドルとテイップがスピリット・バンブーになっています。下記のハーデイ・アングラーズ・ガイド1934年版にこのロッドが掲載されていますのでご参照下さい。年代を1930年代と推定した根拠はこのハーデイ・アングラーズ・ガイドとオリジナル布ケースの下端部にレザーが取り付けられているような豪華な仕様等からの推測です。

ロッドは下記ハーデイ・アングラーズ・ガイドに記載のごとく多目的に使用できるロッドで、パイクなどにも対応できるヘビーなアクションです。ロッド重量約510グラム、ラバー・エンドまでのグリップ部分の全長は約53センチ、最大外径は26mm。グリーン・ハートのバット部のグリップ上端の外径約15mm、バンブー・テイップのトップ・ガイド下の対面外径約3.2mmです。ロッドの状態はかなり良好ですが、今後の使用を考慮して幾つかのレストアーを行っています。このロッドは1930年代ハーデイの雰囲気を良く残しているロッド手言えます。3ピース、1テイップ、オリジナル・ケース付。状態はかなり良好と言えます。当店お問い合わせ番号SA679。状態は大変綺麗なのですがレストアーがされたことでグレードは説明: http://www.sasanofly.com/antiqueimg/logo_antique/stars/45stars.gif説明: http://www.sasanofly.com/img/zeikomi.gif38,880(税別¥36,000)

バットのメス・フェルールにガタツキがあったため着脱して再接着の後カパー・ワイヤーで巻き直して再塗装を行っています。上記にご説明の通りロッドの状態は大変綺麗ですが、今後の使用を考慮してブランク全体の防水上塗り加工を行っています。更に安全の為に、ミドルの上から2番目のオープン・フレーム・ガイドの片側のフットのラッピングだけ上から更に補強まきをおこなってありません。

コルク部分に欠落などは見られないかなり良好な状態です。かなり丁寧に使用されたと推測されます。シートはハーデイ・オリジナルのスライド・ロック・タイプで任意の位置にリールを固定できます。
スライド・シートが固定される位置のコルク部分に、シートを更にしっかり固定できるようにブラス製のフックが取り付けてあります。このように細部にまで機能に気を配っている事も古い時代のロッドであることを示しています。

グリーン・ハートのバットにはロゴ・マークが手書きで記入されています。写真真ん中のミドルのガイドの左側フットのみ上からスレッドで一巻き補強の為に巻いてあります。

グリーン・ハートをバットに使用したことは、巨大な魚とのファイト中のショックを吸収する目的であったろうと推測されます。

フェルールはハーデイのロック・ファースト・タイプです。写真一番上のバットのメス・フェルールの接着が緩んでいたので取り外して再接着、新しいカパー・ワイヤーで巻き直して塗装を施してあります。

トップのメノウ・ガイドにヘヤー・ラインが4本程見られます。大きな写真を掲載しましたが、これからも分かるように目視では分かりにくい程度のヘヤー・ラインです。太いラインをご使用になるので使用上は殆ど支障を感じないと思われますが、古いアンテイークではメノウ製トップ・ガイドのヘヤー・ラインは避けがたい面もあります。状態の良い、ハーデイながらかなりお買得なのはこの点が考慮されております。念の為お知らせいたします。

1934年ハーデイ・アングラーズ・ガイド

このマスター・ピースが製造を介した1934年のハーデイ・アングラーズ・ガイドをご参照ください。まさにハーデイ・パイク・ロッドとして説明されています。そのたスピニング、ライブ・ベイト・フィッシング、トローリングと多目的に使用できると説明されています。

 


01/14/2018
Copyright (C) 1996 Importer and Exporter Sasano CO.,LTD.
All Right Reserved. 2015.04.03