1950年代ミルワード・フライ・レンジャー12‘6“#8~9メール

縫針メーカーとして18世紀創業した古い歴史を誇るミルワードは、20世紀半ば過ぎには姿を消してしまいました

。ミルワードは1800年代後半から釣具の製造を始めた古い歴史を持つどちらかと言うと高級なフライ用品の総合メーカーでした。

下段のミルワード1957年〜58年のカタログによると、このモデルはウエイト・フォワードのGAAF(凡そ以下同じWF9〜10)ダブル・テーパーのFCF(DT8)に適していると書かれています。英国のアンテイーク・バンブー・ロッドは一般的に広い範囲のラインでキャストすることが可能と言われています。一般的には現在のラインの#8〜#9ラインに適したダブル・ハンド・ロッドといえます。

ミルワードのロッドは通常かなりデラックスな仕様と凝ったデザインで作られています。このモデルもパワーと耐久性、デリケートさをを生み出すダブル・ビルド、更にロッドに張りとキャステイング・スピードを生み出すフレーミング加工(バンブー素材を火で炙り焦げ目を付けます)が施されています。一般的にフレーミングされたロッドは水分が抜けて軽さとパワーが生まれると考えられています。これらの特殊加工が施されているダブル・ハンドなので大型のフライや遠投する場合や大型の魚をターゲットとした釣りにお勧めです。デラックスなダブル・ビルド仕様なのでロッドを振ると実際のロッド重量より軽めでソフトな印象をもたれると思います。

使用頻度もそれほど多くない上に、デリケートで軽いダブル・ビルド仕様。加えてフレーミング加工を保護腰ある2テイップ・モデル。デラックスな仕様と作りかも最初のバンブー・ダブル・ハンドにお勧めの一本でしょう。

ロッドの状態は大変良好です。ロッド・バット部のコルク先端部の対面外径は約13.7ミリ、トップ・ガイド・ラッピング部の下端対面で約3.1ミリ。ロッド重量約580グラム、大きなサイズのフライでも楽に飛ばせるトルクの高いビッグ・パワーが特徴です。オリジナル・布ケース付、3ピース・2テイップ。フェルール・キャップが2個揃っています。当店お問い合わせ番号SA664。状態はかなり良好で使用頻度も少ないと推測されます。グレードは説明: http://www.sasanofly.com/antiqueimg/logo_antique/stars/45stars.gif説明: http://www.sasanofly.com/img/zeikomi.gif47,520(税別¥44,000)

上記にご説明の通りロッドの状態はかなり良好ですが、輸入途中に1個のメノウ・トップ・ガイドとオープン・フレーム・ガイドがつぶれてしまいました。それぞれ新しい物に交換してあります。大変綺麗に仕上がっているため当店で手を入れる事はありませんでした。今後の長い使用を考慮して全てのラッピング部分の防水上塗りを行ってあります。

グリップの全長はやく67cmと長めの使用いです。摩耗や欠落は殆ど見られません。コルク・グリップの状態はかなり良好です。
リール・シートは人気のスライド式スクリュー・シート、約27cmの間の任意の位置にリールを固定することが出来ます。あらゆる部分が綺麗に磨きだされています。フェルールの差し込みも100年以上前のロッドとしては大変良好です。大きなガタツキは感じられません。フェルールはアクションに一体感を生み出すスパイク・タイプがセットされています。
ロゴも綺麗な状態で残っています。この事からも使用頻度がそれ程多くないことが分かります。

メノウのストリッピング・ガイドがセットされていますが、輸入時に貨物が押されたらしく少しフレームが曲がっています。使用上支障はありません。

ブランクにも塗装の禿やスレッドの切断は見られないかなり綺麗な状態です。

トップ・ガイドはストリッピング・ガイドとセットのメノウ・ガイドが付いています。1個のメノウ・トップ・ガイドが貨物がパッキングがきつかったようで曲がっていました。その為1個のトップ・ガイド(写真手前のテイップ)は英国製の金属製ガイドに交換してあります。

ミドルのオープン・フレーム・ガイドが同様の原因で歪んでいたので新しいガイドと交換してあります。フェルール部分は強度と耐久性に優れ、ひび割れしにくいカパー・ワイヤーで巻かれています。フェルールの差し込みは良好でガタツキはありません、確りと差込は固定されています。

1957〜8年ミルワード・カタログ

 


07/04/2015
Copyright (C) 1996 Importer and Exporter Sasano CO.,LTD.
All Right Reserved. 2015.04.03