1960年代ハーデイ・バイカウント#130・3-1/4メール
 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ハーデイのバイカウント・シリーズは高価なモデルばかりだった当時のハーデイ・リールの入門モデルとして1960年代に作られたシリーズ。初期は#130だけでしたが高い耐久性とハーデイらしい作りで大変人気が高まり#140、#150とそのモデルを増やしていきました。このバイカウント130は渓流用小型モデルとして人気の高いリールです。

 

#130はバイカウント・シリーズ中最小サイズ、世界中で人気の高いハーデイ・リールの一つで、ライト・ウエイトとフェザーウエイトの中間に匹敵する渓流用万能リールです。ラインは#4〜5をメインに#6でも使用できます。バイカウント#130はシリーズ中最も生産量が少なかった事と人気が高いために最も入手が難しい人気モデルです。特にラチェット・カバーにお城のマークが付いたシリーズは時折限定生産されたハーデイの特別モデルとして大変人気が高いリールです。

スプール外径約73m、スプールの幅は約17mm、リール本体の外径は約83.4mmです。リール重量は約124グラムです。バイカウントはシンプルな機構とタフなフレームの組み合わせで極めて高い耐久性が特徴です。当時のハーデイ・リールは巷間生涯にわたって使用できるとか二代にわたって使用できるとか言われていました。

バイカウント130は渓流用小型リールですが、ロッドのシートが余りにも繊細な場合はリール固定時にきついかもしれません。一般に海外で作られたロッドは問題ないと思われます。このリールは、右ハンドルで使用した場合手前の片側のフットが1.5mm程僅かに削られているように推測されます。使用上支障ありませんし外見上殆ど気になりません。これで現在のリール・シートの多くに固定できる可能性が高まったと思います。

このリールは機能面の状態はかなり良好で、本体に大きな傷など見られません使用頻度もそれほど多くはないように推測されます。DT5Fと推測される使用可能なフライ・ラインが巻かれています。左右両用に使用できますが、現在は右巻きにセットされています。

このリールは状態が非常に良好です、前のオーナーが大変綺麗な状態の替えスプールに薄く”RJE”と彫ったようですがそれ程目立たないと思います。エクストラ・スプールが付いているので渓流から中流域まで使用できるでしょう。オリジナルのリール・ケースが付いた完品状態のモデルです。当店お問い合わせ番号SB460。 グレード は ¥34,560(税別¥32,000)

内部の状態もかなり綺麗で、フレームにも目立つような傷や曲りや凹みは見られません。アンテイーク・フライ・リールとしては使用い頻度がそれ程多くないようです。

古い時代のハーデイの特徴である高い耐久性を持っていますので、これからも長く、通常は数10年単位でご使用になれるでしょう。左右のハンドルの交換はリール内部の3角形の金具の表裏をひっくり返す事で行います。

裏面にも目立つような傷は見られません、かなり良好な状態と言えます。ドラッグ調整ノブもスムースに機能します。ライン・ガードのシルバー・メッキも全て綺麗に残っています。

尚、このお城のマークのラチェット・カバー付きモデルは時折製造されており、左のハーデイ1969年のカタログ掲載のリールもこのモデルです。ただ、付属のオリジナルリール・ケースから考えるとこのリールに関しては1970年代の可能性も考えられます。1970年代にもこのお城のマークのラチェット・カバー付きが製造された事があります。

 


09/10/2016
Copyright (C) 1996 Importer and Exporter Sasano CO.,LTD.
All Right Reserved.