1960年代オルコック・セイモアー3−1/8“#3ライン用 メール

1800年代初頭にフック・メーカーとして創業したオルコックはハーデイ、ファーロー、フォスター、オッデン・スミス等と同じく多くのロッドやリールのメーカーとして知られた英国を代表する釣具総合メーカーの一つでした。1963年JWヤングと一緒になり、1965年にはアメリカのシェークスピアに買われて、残念ながら伝統あるオルコックの名前はなくなってしまいました。

この#3ライン用のライト・フライ・リールはJWヤングで作られてプリデックスのOEMモデル、として合併の前後に製造されたと推測されます。ただ、JWヤングでこのような小さなモデルは余り見たことが無いのでオルコックのオリジナルの可能性もあります。

JWヤング・リールは古い時代のイギリス製品らしい武骨な作りが耐久性の高さを生み出しています。現在でもヤング・リールは世界中のフライ・フィッシャマンに手ごろな価格の常用するリールとして愛用されています。かなり大量に製造されたヤング・リールですが3−1/2“以下のモデルは当時としては余りポピュラーではなかった為に生産量が少なく大変貴重なサイズと言えます。 全体に凹みや曲がりなどの瑕疵は見られません。リールとしては非常に良好な状態です。

リール本体の外径約80mm、スプールの外径約69.8mm、内幅約14mm、ラインは#3程度に適したサイズです。ハーデイのフライ・ウエイトとフェザーウエイトの中間程度のサイズと言えます。リールの重量は145グラム。 状態は非常に良好でかなり綺麗です。ドラッグはクリック・タイプで左右両用です。重厚な外観はバンブー・ロッドの雰囲気に似合います。当店お問い合わせ番号SB457。グレード   ¥18,360(税別¥17,000))

内部機構の状態はかなり綺麗で使用頻度もそれほど多くないと推測されます。ネジ、スプリング、タング等の摩耗やゆるみは見られません。これからも渓流用のメイン・リールとして長くご使用いただけれでしょう。

状態がかなり綺麗でしたので当店では手を加えていないオリジナルの状態です。

ドラッグ調整レバーが付いています。フットの曲りや取り付け部分の緩みはありません。アンテイークらしい雰囲気の小型フライ・リールです。フット・サイズは約59x13.9mmです。

 

 


08/07/2016
Copyright (C) 1996 Importer and Exporter Sasano CO.,LTD.
All Right Reserved.